MENU

包茎手術で入院は必要?

包茎手術では、性器の包皮を切除して縫合するという内容となっています。手術とあるように、やはり自分の身体を切除したりはり付けたりするのは、身構えてしまいます。そのため、回復などのためにも入院などの処置は必要となってくるのでしょうか?包茎手術程度の手術であれば、入院は必要ではありません。それどころか、その後の通院も抜糸だけでOKというほどです。

 

ですから、包茎手術で長期的な通院や入院は必要ではありませんので心配する必要はありません。ですが、いくら入院が必要でないからと言って、自分の体の一部を切ってしまうのですから傷が癒えるまで安静する必要があります。手術後当日と、翌日までは外出なども控えて家でゆっくりするようにしましょう。今現在、働いている人などはなるべく休日前などに手術を受けて2,3日は安静に出来る状態を持つことが必要となります。入院や定期的な通院は必要ないのですが、自宅でしっかりと安静に過ごすことが大事となるのです。

 

また、傷口の手当ても自分で行わなければいけない点にしっかりと注意を払いましょう。包帯は自分で変えなければなりませんし、消毒も自分でしなければいけません。下手なことをすれば傷口が化膿したり、それにより傷口の回復が遅れることも十分にありえます。包茎手術程度であれば、大がかりな入院は必要ありませんし、通院も必要ありませんが、自宅でしっかりと療養しない限り性器の回復は遅れてしまいます。

包茎手術で入院は必要?関連ページ

包茎手術を受けるときに陰毛は剃らなくて良いのか?
包茎には仮性包茎や真性包茎、カントン包茎という種類があります。どの包茎も腐ったチーズのような悪臭がありますので、女性に嫌われてしまうことがあるのです。
包茎手術を受けた後は傷痕やペニスが綺麗になるのか?
ペニスが包茎になっている男性は、女性に対して奥手になってしまうことがありますし、銭湯や温泉に行くのを避けてしまいます。
包茎手術が2014年になって急増しているのは何故か?
包茎になることで様々なマイナス面が出てきて、簡単に上手くいきそうなことでも上手くいかないことが増えてきます。