MENU

包茎手術が2014年になって急増しているのは何故か?

包茎になることで様々なマイナス面が出てきて、簡単に上手くいきそうなことでも上手くいかないことが増えてきます。その中でもパートナーとのセックスや、包茎ではない人の倍以上にキレイにしなければいけないことが挙げられます。包茎だと早漏になる傾向がありますので、パートナーはセックスで満たされることがありません。また余分な包皮が被っているので、亀頭に恥垢が溜まりやすくなりますし、強烈なニオイを発生させますので、包皮を剥いて念入りに洗わなければいけないという手間があります。

 

こうした包茎は包茎手術によって解決することができます。そして包茎手術を受ける人が年々増えており、2014年になっても増え続けています。2014年になってから増えているのは高齢の男性です。高齢化社会が深刻になっていますが、2014年は高齢化社会によって介護される男性が急増しました。

 

これによって介護される高齢の男性は、ペニスを女性ヘルパーなどに見られることが増えるため、包茎を治しておこうとするのです。見られて恥ずかしい包茎を治す男性が増えることによって、それに対応するクリニックも、2014年になってから増えています。包茎手術を受けることで、男としてのプライドを守ることができるため、包茎で悩んでいる男性は早いうちに治しておいたほうが良いといえます。2014年以降も包茎手術を受ける人が増えると考えられますので、早めに受けておくと良いでしょう。

包茎手術が2014年になって急増しているのは何故か?関連ページ

包茎手術を受けるときに陰毛は剃らなくて良いのか?
包茎には仮性包茎や真性包茎、カントン包茎という種類があります。どの包茎も腐ったチーズのような悪臭がありますので、女性に嫌われてしまうことがあるのです。
包茎手術を受けた後は傷痕やペニスが綺麗になるのか?
ペニスが包茎になっている男性は、女性に対して奥手になってしまうことがありますし、銭湯や温泉に行くのを避けてしまいます。
包茎手術で入院は必要?
包茎手術では、性器の包皮を切除して縫合するという内容となっています。手術とあるように、やはり自分の身体を切除したりはり付けたりするのは、身構えてしまいます。